2006年10月28日

捉え方を変えることが大切☆

今回はどの教科にも言える、とても大事な勉強法を書きます!!勉強法と言うか、勉強に対する姿勢を変える方法とでも言いましょうか・・・
そもそも勉強が好きな人って、なかなかいないと思いますあせあせ(飛び散る汗)特に苦手な教科なんかは、教科書を見ただけで嫌気がさす・・という人もいるかもしれませんね。ただ人間というのは、興味を持たないと前向きになれないし、やる気も出ないというように、生来わがまま動物なんですよねたらーっ(汗)なので、勉強に向かうにも、まず興味を持たないといけません。そのためにすべきことは、勉強に対する姿勢を変えることです。僕は勉強を「様々な事柄への、知識を増やすもの」として捉えたらいいのでは?と思いますわーい(嬉しい顔)知識というものは、大人になってとても必要なものだし、様々な事柄とすることで、数学や英語、国語・理科・社会というように別々に考えるのではなく、「事柄」という大きな枠で考えるようになります。なので、得意不得意で分けられることもなくなるし、何より楽観的に考えることができるのですぴかぴか(新しい)その中で、興味を持たせていけば良いのです!興味を持たせるには、図鑑や地図帳、例えばマンガ本(歴史的なもの)でも十分興味を湧かせることができます。僕が今実際に、家庭教師として受け持っている子は、この方法で少しずつ、「勉強って楽やな〜」と思い始めていますよるんるん
posted by あま市の家庭教師 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

社会の勉強法!!

今日は社会の勉強法です。これは、地理・歴史・公民の3分野にわかれて、中学校の勉強は進みますが、全てに言える事です☆大事な考え方です手(チョキ)
まず社会科において、一番重要なことは暗記科目ではない!ということです。日本の教育は、社会科(理科もそうだが・・)はどうしても暗記科目と捉える傾向があるように思えますあせあせ(飛び散る汗)それはテストの問題を見たら、そう感じずにはいられませんバッド(下向き矢印)例えば歴史で言うと「○代将軍の名前は?」という問題があるだけで、その人が何をして、どうなって、それはどこに繋がっているのか・・というような「背景」まではあまり問う問題がなかったりします。(今でこそ、記述式の問題が増えてきたが・・・)これでは、暗記嫌いの子にとって、社会科は大の苦手教科になってしまいますもうやだ〜(悲しい顔)
そこで一つ大事なことは、興味を持つということ。なぜ?どうして?という疑問を持つということですexclamationまずこのように、興味を持たないと、暗記なんかできるわけありませんよねたらーっ(汗)なので、教科書を読むときに、太字ばかりに頼らず、なぜ?どうして?と、社会の背景に疑問を持つようにしましょうひらめきそうすることによって、社会に対する「問題意識」も高まり、より社会科に興味を持ち、やがて好きな教科の一つとなっていることでしょうexclamation×2僕はそう思いますわーい(嬉しい顔)
posted by あま市の家庭教師 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

国語力をつける勉強法!!

今日は国語力をつける勉強法を書きたいと思います☆なので、決してテストで点数を上げる勉強法ではありません。ただ、国語力を身につけることは、将来にとってもすごく大事なことなので、あえて書こうと思います手(チョキ)
国語って、テストの問題なんかを見ると「指示語の指すことは何か?」とか、「文章の構造はどうなっているか?」というように、とても細かいものがよくあります。もちろんこれを理解することはとても大切なのですが、そもそも文章を書いた人は、文章を分析してもらいたいから書いたのでしょうか??違いますよね。何か「伝えたいこと」があるから書いたんですよね。だからまず、細かいことにこだわりを持つより、文章そのものを深く味わうことの方が、ずっと良いような気がしますグッド(上向き矢印)そのほうがもっと文章に対して理解が深まるし、活字にも慣れてくるのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)すなわち本物の国語力がついてくるのではないでしょうかexclamation&question
posted by あま市の家庭教師 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

数学の裏技?!勉強法☆

今日は数学の裏技勉強法を書きます。もしかしたら、みなさん一回はやったことがあるかもしれません手(チョキ)
僕は数学が嫌いでした。あまり論理的な考えは得意ではないので、難しい問題にぶち当たると、全く手がつけられないこともしばしば・・・バッド(下向き矢印)
アイルの生徒の中でも、数学が嫌いな子が多いですあせあせ(飛び散る汗)
今日の勉強法は、「問題を解かずに、解答解説から取り掛かる」ことです!全くわからない問題を、時間かけてやるよりも、まず答えを見ろ!ってことです。その方が時間はかからないし、どうやって解くべきかも理解しやすくなります。しかし、その際に注意すべきことがあります。ただ単に、見るだけじゃ頭に入らないので、解答解説をノートに書き写し、それから問題を解いてみる。最後にもう一度、解答解説を自分で書いてみる。こういう流れでやっていけば、少しずつ問題のパターンがつかめるようになりまするんるん特に数学の場合は、問題のパターンには限りがあるので、おススメしますexclamation
posted by あま市の家庭教師 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

英語の勉強のやり方〜読み方編〜

今日は英語の読み方について書きますexclamation読み方というか、訳し方と言ったほうが良いかな?
単純なことなのですが、これから書く方法のほうが早く理解できると思いますぴかぴか(新しい)それは、「英語を英語の語順で読み取っていく」ということ。どういう意味かと言うと、例えば[I have a pen.]という英文であれば、I have/私は持っている・・何を?/a pen/ペンを/というようにです。これを直読直解法というらしいのですが、英文を一気に訳すよりも、一区切りずつ訳した方が、理解も早いし、解くスピードにも違いがでてくると思いますよわーい(嬉しい顔) 
posted by あま市の家庭教師 at 23:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。